LINE

LINE株式会社

主な機能

トーク
友だちに文字、「スタンプ」というイラスト、写真や動画、音声、位置情報を送ることができます。
複数の⼈に連絡をする際には、グループトークで⼀度に⽤件を伝えることができます。

通話
音声通話やビデオ通話を利⽤することができます。電話回線ではなく、インターネット回線でつなぐため、電話料⾦はかかりません。また、音声・ビデオ通話は複数⼈で利⽤することも可能です。

タイムライン
テキストや画像、動画やスタンプで自分の近況を共有したり、友だちの近況を確認したりすることができます。世界中のLINEユーザーと交流することができますが、「⾒せたくない相⼿に自分の投稿を⾒せない」または「⾒たくない相⼿の投稿を⾒えなくする」ために、「公開範囲」の設定を⾏いましょう。

友達
LINE上でメッセージの送信や通話ができる相⼿として登録されているのが「友だち」です。友だちの登録方法は大きくわけて2つあり、電話帳に登録された電話番号を使って自動的に登録する方法と、⼿動で登録する方法があります。登録している友だちは「ブロック」「非表⽰」「削除」という⼿段で管理することができます。

安心・安全な
利用のために

⾒ず知らずの⼈と友だちになってしまう
ブロック機能
友だちになった相⼿とのつながりを拒否する方法として、ブロック機能を提供しています。ブロックしても相⼿には伝わりませんが、相⼿からのトークや通話を受信することはできなくなります。

年齢情報を⽤いた機能制限
⻘少年の出会いによるトラブルを未然に防ぐため、携帯電話会社が提供する年齢認証機能を利⽤して、18歳以上を確認しています。確認できない場合にはLINE ID検索などの⼀部機能に制限を設けています。
携帯電話の契約時に、正しく利⽤者の申請をしましょう。

※格安SIMを利⽤している方は、年齢認証をすることができない場合があります。

学校の友だちなど知り合い同士のグループ内でのいじめ
トラブルに巻き込まれないための「考え方」と「使い方」
⻘少年のトラブルを未然に防ぐために、まずは、大⼈自身が使い方やネットマナーに関する知識を得ることが肝⼼です。LINEの設定次第で回避できる部分は設定方法をお子さまに教え、また、他⼈とのコミュニケーションに関するマナーや、インターネットに潜む危険をご家庭や学校などで、正しい「考え方」と「使い方」の両面で十分に話し合ってください。

迷惑メール業者トラブル
身に覚えのない情報には決して反応してはいけない
設定によっては、⾒ず知らずの相⼿から連絡が届くことがあります。知らない相⼿からしつこく友だち追加されたり、身に覚えのない賞品や賞⾦の当選通知などが届いたりしても、決してそれに応答してはいけません。多くの場合、詐欺の常套的な⼿段だからです。また、LINEを語るフィッシングメールも要注意です。

通報機能
LINEの友だちではない⼈からトークが送られてくると、「ブロック」「通報」のボタンが表⽰されます。身に覚えのない⼈からの迷惑なトークは、すぐにLINEに通報することができます。

※詳しくは「LINE安⼼安全ガイド」(http://linecorp.com/ja/safety/index)ご参照ください。
TOP